女性

埋没法が支持される理由

カウンセリング

抜糸の必要がない

二重整形で口コミでも評判なのが埋没法です。埋没法は施術に要する時間が短く、腫れも比較的に起こりにくい施術とされているからです。何よりも、基本的に目の周辺にメスを入れる必要がなく、術後の抜糸も必要としません。そのように気軽に受けられるので、仕事を持つ女性にも人気になっているわけです。また、切開法などの他の施術と比べて、費用が安いこともメリットです。埋没法で二重になれば、目の印象が明るくなり、顔全体の雰囲気も良くなります。二重整形の埋没法は、瞼を手術用の糸で留めることで二重を作るやり方です。痛みが苦手な女性でも安心して受けることができ、腫れも少ないのが特徴です。施術前には麻酔と施しますが、麻酔針も極めて細いので、強い痛みを感いる心配はありません。そして、施術後の抜糸が不要なので、1日で手術は完了するわけです。施術後には少しのダウンタイムでメイクも行え、周囲に知られることもありません。口コミで評判の埋没法は周囲に整形を受けたことが分からないので、美容整形の初心者にも適した施術です。ダウンタイムも比較的に少ないので、目元に悩む女性の強い味方になるわけです。何よりも糸で留めるだけなので、気に入らなければ元に戻せるのも魅力です。美容整形の埋没法が向いているのは、瞼の皮膚があまり残っていない、厚みが比較的薄い人と口コミで言われています。皮膚が厚く余ると、糸で持ち上げた部分以外の皮膚が垂れ下がる傾向があります。そうなると二重をキレイに形成するのが難しくなり、希望のラインに仕上がらないわけです。瞼に脂肪や皮膚の厚みがあると、留める糸が支えきれなくなるため、外れやすくなったりします。その他、頻繁に目をこすると、糸が外れやすくなるので注意が必要です。口コミで評判の埋没法ですが、平行二重のように目の形を変えることはできません。特に末広がり型のタイプを平行にするのは難しいので、目頭切開を併用する必要があります。それ故、瞼をハッキリさせたい場合は、はじめから切開法を選択する方が良いと言えます。埋没法と切開法にはそれぞれ一長一短があり、仕上がり具合にも差が出てきます。そのため、カウンセリングにおいて予算や目指す二重の方向性について、ドクターと充分話し合うことが大事です。二重整形で希望の目元を手に入れるには、カウンセリングが肝心となります。そこでは実際の二重ラインのイメージを作り、手術のシミュレーションなどが行われます。